こんにちは。広島在住のカープファン、ばりさく です。

サイト名である「ぶち、たいぎい」とは、オイラの口癖。「ぶち」は英語の「very」、そして「たいぎい」は「疲れた」とか「面倒くさい」などの意味がある広島弁です。

名前 Name

| | コメント(0) | トラックバック(0)

本名: 非公開

ハンドルネーム: ばりさく

パソコン通信の時代から、「ばりさく」というハンドルネームを愛用しています。若かりし高校生の頃、吹奏楽部に入部した時にバリトン・サキソフォンに縁があったのが由来です。
バリトン・サックス・・・略してバリサクってわけ。

本名は、珍しくない名前で、難しくない漢字。以前はサイト名にも使用していました。

性別: 男性

年齢: 26歳 (注:16進数で)

出身: 広島県

学歴: 普通科高校卒

職業: 製造業技術系

容姿: デブでメガネかけててハゲそうな感じ

たばこ: まったく吸わない

お酒: ほとんど飲まない

ギャンブル: 宝くじだけ

宗教: 無宗教 (不可知論者と無神論者の中間くらい)

年収: 300万円くらい

ステータス: 独身(結婚歴なし)

1996年、冗談半分に「カープが優勝するまで独身主義!」と宣言。それから10年、カープの成績不振はオイラを直撃しました。

2007年、セントラル・リーグにプレーオフ制度「クライマックス・シリーズ」が導入されたのをきっかけに、思い切って上記の宣言を「カープのクライマックス・シリーズ進出で独身主義終了!」に変更。しかし、あわや最下位という顛末でした。

2008年、エースと主砲のダブルFA移籍があったからってわけではありませんが、ようやく上記の宣言をすべて撤回。何も状況に変化はありませんが、とりあえず自分の甲斐性なしをカープのせいにするのをやめました。
ホントにカープのせいにしてたわけではないんですけどね・・・。

裁縫やアイロンがけが苦手・・・というより下手です。ぞうきん縫ったり、ボタンを付けるくらいならなんとか出来ますけど。

ハンダ付けも苦手です。ちっちゃなコネクタなんか論外。イモやテンプラ当たり前、なんて書いたら、仕事上問題あり?

蜘蛛&百足は大嫌い。最近になってようやく、家にいるちっちゃなクモからは逃げなくなりました。
ムカデは、体長約40センチのが天井から落ちてきて以来、恐怖です。

オイラが初めて自分で選んで買ってもらったレコードは、ゴダイゴの「モンキー・マジック」。当時大人気だった彼らの楽曲は英語の詩や斬新な曲が印象的で、現在でもよく聞いています。

オフコースはオイラが中学生だったときに4人で活動再開。「緑の日々」が心の琴線に触れて以来、ずっと聴き続けています。
「君住む街へ」など詩が好きな曲が多いです。


ドリフターズはコントばかりが有名ですが、コント並に面白い曲がいっぱい。「ドリフのバイのバイのバイ」は結構ノれる曲です。

ビートルズは、今更言うまでもなく、世界的に偉大なバンド。「HELLO,GOOD BYE」や「LET IT BE」など、名曲だらけですね。

カーペンターズは家にあったレコードを聞いて虜になりました。「RAINY DAYS AND MONDAYS」や「YESTERDAY ONCE MORE」など、癒されています。

アニメソング・・・といっても、最近のタイアップ企画と違って「懐かしの」ってやつです。アコースティックな響きとカッコイイ旋律、そして歌詞がちゃんと主題歌してるのがイイ!

70~80年代のダンスミュージックは、きっかけは家にあったレコードなのですが、さらにハマったのが吹奏楽を始めてから。「THE HUSTLE」や「SKY HIGH」なんか大好きです。

吹奏楽は演奏からは遠ざかりましたが、今でもちゃんと聴いてます。とくに一昔前の「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズ。
それからやっぱり「ブラス・フィーバー」と「スパニッシュ・フィーバー」。

スター・ウォーズ

ロード・オブ・ザ・リング

Always 三丁目の夕日

ヴァン・ヘルシング

踊る大捜査線 The Movie

アポロ13

などなど・・・。後日まとめてみます。

CSI, CSI: Miami, CSI: NY, 24 - Twenty Four, Lost, Friends, House M.D., Bones etc...
スカパー!で海外ドラマを見ていることが多いです。

政治や社会問題には興味があるので、「たかじんのそこまで言って委員会」「たけしのTVタックル」「朝まで生テレビ」などのトークや討論もよく見ています。

お笑い番組だと「はねるのトびら」や「めちゃ2イケてるッ!」が好き。

愛読書は、田中芳樹原作の「銀河英雄伝説」。

コミックは「美味しんぼ」や「総務部総務課 山口六平太」。

コミック誌は「ビッグコミック・スピリッツ」と「ヤングジャンプ」。